営業のツールとして利用できる印刷業界の商品について

印刷業界の情報

冊子は格安業者へ依頼

製本の種類

パンフレットや週刊誌、文庫本、辞典など冊子には、それぞれ適した製本方法で制作されています。製本方法として上製本と並製本というのがあり、綴じ方も中綴じ、平綴じ、無線綴じ、糸綴じという綴じ方の種類があります。その中でも利用者や制作数が多いのが中綴じ印刷です。
中綴じ印刷は、パンフレットと取扱説明書、週刊誌などを印刷するときに使われる方法であります。作りとしては4ページ分または紙1枚を2つ折りにし、それを重ねていき中央部をステープラで留める方法です。ページ数も分厚くなるようなこともないので読みやすいのがメリットです。また、ページを開いたまま平置きにしてもページがめくれることもなくお客様などに商品説明のツールとして適しているのです。

注意すること

中綴じ印刷を業者に依頼するときに注意すべき点があります。それは中綴じ印刷の特徴である、1枚あたりのページ数が4ページあるということです。その為依頼するときは、4の倍数で計算し考えて制作するようにします。たまに白紙部分がでてしまうことがあるので、その時は別料金が発生することもあり業者に確認しましょう。その他にも制作したデータを印刷会社にお願いする時、制作したソフトが依頼する会社でも対応できるのか確認します。業者によってソフトに対応できないところもあります。
現在、中綴じ印刷をしている業者は沢山あるので、比較サイトを利用して格安で提供しているところや、技術の高い業者を探すことができます。

Copyright © 2015 営業のツールとして利用できる印刷業界の商品について All Rights Reserved.